Bio Foodsの製造品目のご紹介

有機紅茶

世界三大銘茶の産地の一つウバ(Uva)で生産されています。一般的には、“水色は澄んだ赤色で、セイロン紅茶の中では最も渋み・酸味が強いが、ウバフレーバーと言われる独特の芳醇な香気をもっている。“と言われています。
BIO FOODSの紅茶は、茶葉の揉捻の圧力と温度を抑え、茶葉へのストレスを控えて生産しています。“バラのような香りと心地よい渋み”が特徴です。
  • 紅茶
工場(1) Avonlea Hill Organic & Biodynamic Tea Factory− Diyathalawa
工場(2) Kingslynn OrganicTea Factory −  Ohiya
  • 有機フレーバーティー
ウバ産有機紅茶を基に、スイス製フレーバーを加え、生産しています。
キャラメル、ミント、シナモン、アールグレイ、ジャスミン、フォレストフルーツ、レモン、 ハニーレモン、オレンジ、マンゴー、ペパーミント、ストロベリー、ブラックベリー、バニラ
工場 Jamesvally Organic Tea Factory - Kandy
  • 有機チャイティー
有機バイオダイナミックス農法を基に、Demeter 認証を取得し、農家の香辛料栽培を支援しています。
その農家が栽培した有機香辛料5種とウバ産有機紅茶をブレンドし、薬効豊かで、爽やかで、香りの良いチャイティーを作りました。
カルダモンとクローブの爽やかな香りは、朝一番、身体のリフレッシュには、安全で最適な飲み物です。
薬効(健胃、食欲増進、血行促進、抗菌の効用)と共に、お楽しみ下さい。
身体が温まりますので、冬の寒い時期、冷房対策に重宝します。
工場 Jamesvally Organic Spice Factory ? Kandy
 

有機香辛料

FairTradeに参加している農家の団体(SOFA)が、BIOFOODSの有機農法の指導で栽培しています。各種香辛料は、自然の林のように、色々な種類の香辛料が栽培されており、単一種の畑とは異なり、日本の丘陵地帯の雑木林の様な光景です。この栽培方法が、Bio Foodsの特長です。収穫後は、香辛料は、天日干しで乾燥させ、滅菌処理後保管されます。

有機認証の香辛料の種類
  • コショウ(黒、白)
  • カルダモン
  • シナモン
  • クローブ
  • カレーリーフ
  • ジンジャー
  • ナツメグ
  • メース
  • ターメリック
  • レモングラス等

 
工場 Jamesvally Organic Spice Factory - Kandy
Naula Pre-processing Factory
Pannampitiya Processing Factory - Pannampitiya
 

ココナッツの製品

スリランカの中央部から北部の西側海岸沿いの平野が生産地です。BioFoodsの有機栽培指導の基、Fair Trade 参加の農家が栽培し、BioFoodsの工場で、ココナッツの実を熟成(2週間から4週間)させ、
ココナッツオイル、ミルクと乾燥ココナッツを生産しています。
  • ミルク
  • オイル
  • 乾燥ココナッツ
工場 Hebal Heritage Organic Coconut Factory - Makandura